banner2.gif
上に写真が貼り付けできる掲示板があります。 わが子自慢してくださいませ〜。

2009年01月14日

もらったお薬にびっくり!


りきがいないと...

一日中とっても暇で、だらだらしちゃう...

...って、お仕事されてる方から見たら。
私は一年中だらだらしてますけど(ーー;)

そんな今日は。
りきの「健康ファイル」の整理をすることにしました。

で、そのファイルの中に。
3月に腰の調子が悪くなった時に千葉の病院でもらった薬が入ってたの。
それは病院で「痛み止め」と言われたもので。
なるべく薬を使いたくなかったので、使わなかったのですが。

そういえば、この薬ってどんな効果があるんだろう?と思い。
「や●ーにゅーすで調べてみました」
...嘘です。ただ検索してみました。

そしたらね...
びっくりする「副作用」の話がい〜っぱい出てきてたの。
その薬は日本のお薬ではないようで...
国内の獣医さんから出る副作用の話としては。
「胃腸がやられやすいので何か食べてから与えるように」と言う事だけだそうです。

....うちはこの事も言われなかったような?
いや、あの日は焦っててそんな話も聞き流してしまったのかも?

でも、お薬の製造元である某国では。
「激しい副作用で命を失う事もある」と必ず伝えなければいけないと言う事になっているそうですよ!

このお薬は関節炎に関しては奇跡のようなお薬なんだそうです。

でも...
「命を落とす事がある」なんて聞いて、その薬を使う気になりますかね?
消炎剤なら他にもあると思うんだけど...

と言うわけで、もらった薬は捨ててしまおうと思います。
ああ、おそろしや...。

  薬の名前が知りたい方はメールしてくださいませ。


愛犬がぐったりして動けなくなって、痛そうにしてたら。
「奇跡の薬」ですからって言われたら、ついつい飲ませちゃいそうだよね。
でも...
やっぱり、獣医さんにしつこく聞いたり、自分で調べたりする必要はあるな〜って思う。

別に千葉の病院についてどうこう言うつもりはありませんよ。
だって、りきのお手手の怪我の時はとっても適切だったわけですし。

ただ、やっぱりわんこを守るのは、普段お世話をしている私たち飼い主なんだなと、改めて思ったわけです。


そうそう。
奇跡の薬と言えば、私が通常服用している薬もそうなんですが^^;
でも、根本的な治療薬ではなくて。
症状を抑えるためだけの薬なんですよね〜。
そいでもってやっぱり色んな副作用がつき物で。
最近、怪我するとすぐに化膿したり..と
免疫力が非常に低下しつつあります...アブナイアブナイ。

薬は...
命を救うものだけど、気をつけないと命を失う事もある。
忘れちゃいけない、大切な事です。

血液検査の結果
ニックネーム りきぱぱ&まま at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | りきとのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする